« 新年になったわけだが | トップページ | 初詣2 »

2008.01.03

初詣

昨日はあんまりにも寒かったんで、新年の抱負のひとつである「最低1ヶ月に1冊は洋書を読む」の1月分完遂に向けて布団の中で本を読んでたら意識が飛んで、母上に寝すぎじゃとどやされました。ちなみに読んでいた本は「People of the Lie: The Hope for Healing Human Evil(邦題:平気でうそをつく人たち―虚偽と邪悪の心理学)」

今日はとても暖かくなってたので、午前中に1人で下鴨神社へ行く。かなり人も減っていてあっさりとお参りできてちょっとハッピー。午後は両親と一緒に田中神社吉田神社須田神社平安神宮八坂神社の梯子。年明けて2日間運動をほとんどしてなかったところに、ほぼ全行程徒歩(ただし、八坂の帰りに四条高島屋に寄って、そっからはバス)だったんで足痛くなったけれど。

吉田神社では、全国の神様を祀ってあるところの売店で店番の巫女さんがぽつーんと手持ち無沙汰そうに1人で座ってたので、ちょっと覗きに行ってみたら、巫女さんではなく、なかなかに可愛いお兄ちゃんだったので思わず御神籤を引いてしまったよ。すでに別のところで毎年引いてる「七転び八起きダルマ籤」を引いてたんだがね。そしたらママンにすかさず
「店番のお兄ちゃんが可愛い子だったから引いたんでしょう」
と図星を射されたよ。

とりあえず
「可愛い女の子でも買っていた」
と言っておいたが信用してくれなかった。本当だってば。ことりちゃん級の子が座ってたら絶対に買ってたって。

「ダルマ籤」なんだが、2,3年前にうちの親父殿が
ななころびやおき
ではなく
しちてんばっとう
と声に出して読み上げやがりまして、巫女さんはその場で盛大に吹くわ、周囲の空気は凍りつくわ、というロクでもないことをやってくださいやがりました。それ以来、私には「しちてんばっとう」籤として刷り込まれております。

ちなみに須田神社ですが、うちの氏神様らしい。初めて知ったし初めて行ったぞ。なんと罰当たりな。そこで引いた御神籤は「稲荷御籤」で、開けてみたらちっちゃいお稲荷さんが包んである紙包みが出てきたよ。透けて見えてるんだが、包みからお出しすべきかそのまま財布の中にでもお入れすべきか。神社で聞いてくりゃ良かったよ。

ちなみに引いた御神籤ですが、引越しに関しては「やっちゃえー!」と「ちょっと待て」の真っ二つに割れております。八百万も神様がいらっしゃるだけに、意見の統一は難しいようです。

そのくせ勉学に関してはどれもこれも「こつこつやれよー」なんだよなぁ。

|

« 新年になったわけだが | トップページ | 初詣2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57621/17567906

この記事へのトラックバック一覧です: 初詣:

« 新年になったわけだが | トップページ | 初詣2 »