« 2007年12月 | トップページ | 2008年3月 »

2008.01.26

ブレーカーが落ちたのかと思いきや…

まぁ、仕事から帰ってきてですね、風魔のDVDと思われるアマゾン発のメール便を郵便受けに見つけ、絵暖房つけっぱなしで部屋出たことに気づいてorzになって、先週末に判明したすごい偶然を実家に連絡してたらいきなり停電。ええ。

どごん

って電気が消えて、小さな非常灯が点灯したときにはかなりびびりましたさ。もちろんのごとく電話も切れるし。親がもびびってるだろうと携帯に切り替えようとしたら、携帯の電池がレッドゾーン。で、パソの明かりと非常灯の明かりを頼りに実家に電話しつつ、部屋のマニュアルのブレーカーが落ちた場合を…とやろうとおもってはたと気づいたんですよ。

まさか建物全体が停電じゃあるまいな、と。

とりあえず実家に電話入れつつベランダに出てみたら案の定、建物全体が駄目になっている模様。無事を報告してたらなんと消防車の音が。それもなんか数が多いのですが。止まった場所近いんですが。

わー。停電の理由はこれか。

後で夕食食べに言ったら、数ブロック先の以前はよく行ってた定食屋(人気店すぎて、客をさばけるバイトが十分に確保できずに閉店した…)があった建物の周辺に赤い自動車が一杯。火事はさらにその奥であった模様。

で、去年開店してたのは知ってたけれど、まだ行ったことのなかった学生街にあるまじきこじゃれた定食屋に行ったら、そこの姐さん(品の良い白髪ショートの方)がやっぱり停電に関して気にしてましたよ。かなりの広範囲にわたって停電してた模様。

で、そこの定食屋ですが…。この街来て、初めて学生向け食堂で、盛り付けまで品の良い家庭料理風の店に出会いましたよ。このごろ手抜きを極めた食事ばっかりだったから、心と体に染み渡ったよ…。これからもちょくちょく行こう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.01.19

旅支度中ですが

なんでショーを観に行くための準備が、コミケ前日ばりに大騒動になっているのか訳が知りたい。徹夜してるしw だいたい、宝塚を当日券で観る予定を止めたのは、寝不足(と寒さ)で月曜日にふらふらになるのを防ぐためじゃなかったかなー、自分。(ちなみに土日は高速バス内泊で、月曜日は職場に直行の予定。流石にこの寒さだと、強行軍したら確実に風邪引いてぶっ倒れるという自覚はある)

いやぁ、私の要領が悪いからだとは重々承知の上ですけどねorz。

しかし、東京で友人に渡すブツ&発送するブツ、現地で友人に渡す予定のブツとでほとんど行商人ってどうかねー。まぁ、東京組が一番の荷物なんでランデブー後はすっごく軽くなる…はずなんだが。

それよりも仏人姐さんと無事にあえますように…。万が一のため携帯番号は渡してあるんだが、公衆電話を見つけられるかどうかがねー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.01.05

初詣2

本日の行き先は伏見さん。殺人的な人ごみを覚悟して行ったら、そんなに殺人的じゃなかったよ。参道へ行く道すがら「参道の方へは右側通行でおねがいしまーす」と叫んでる整理係の人はいたけど。道端に焼き機出してる鰻屋さんの「ちょっと見てってください~」という声に「ちょっと見てって言われても、止まれへんわ」と突っ込んでるおばちゃん達おったけど。

で、恒例の御神籤ですが、お金を払う御神籤では「凶後吉」。お金を払わない(ただし、内容は掲示板に表示してあるので、お持ち帰りをしたら警察のご厄介になる)では「大大吉」と「末大吉」。「大大吉」は携帯にメモったけれど、「末大吉」の方はメモらず退散。一緒にいた親父殿が「大大吉」をメモってる時点でかなりキレかけてたので。メモ帳を忘れたんで、携帯に文章を打ち込んでたんだが、掲示板が読みづらいせいか、私の隣で携帯で写真を撮ろうとしてた人たちまで携帯に打ち込みはじめてたよ。デジカメ持ってる人は、「大きのんで撮らないかんなー」と言ってたし。

まぁ、生まれて初めてお稲荷さんのとっぺんまで行ってきたんですが、新年早々なに山登りやってんだか、って感じでしたよ。お稲荷さんへ行こうと言い出した張本人の親父殿にいたっては、ふいごになってたし。酒の飲みすぎと運動不足だ自業自得。

帰路は振袖袴の可愛らしい坊やとそのお姉ちゃんらしき赤いおべべの女の子をみかけたんですが、2、3歳くらいの坊やにかかりっきりのママのとなりで5、6歳くらいの女の子、着物の裾をがばっと広げて座ってましたよ。毛糸の分厚い股引着用とはいえど、どーよって状態でした。が、本人ごくごくご機嫌なところをみると、お着物というのは、コートの一種という理解のようです、お嬢ちゃん。あの後、母親が気づいたら真っ青になってただろうなぁ…。

さらに下に行くと、いきなり道教のお寺が出てきてびびりましたよ。そしてそこの掲示板に書いてあった文章があんまりにも凄まじかったので、添削したくなりましたよ。いや、内容が電波な代物だってことが霞むくらいの悪文だったさ。

さて、南座で今かかっている公演、行くべきか行かないべきか…。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008.01.03

初詣

昨日はあんまりにも寒かったんで、新年の抱負のひとつである「最低1ヶ月に1冊は洋書を読む」の1月分完遂に向けて布団の中で本を読んでたら意識が飛んで、母上に寝すぎじゃとどやされました。ちなみに読んでいた本は「People of the Lie: The Hope for Healing Human Evil(邦題:平気でうそをつく人たち―虚偽と邪悪の心理学)」

今日はとても暖かくなってたので、午前中に1人で下鴨神社へ行く。かなり人も減っていてあっさりとお参りできてちょっとハッピー。午後は両親と一緒に田中神社吉田神社須田神社平安神宮八坂神社の梯子。年明けて2日間運動をほとんどしてなかったところに、ほぼ全行程徒歩(ただし、八坂の帰りに四条高島屋に寄って、そっからはバス)だったんで足痛くなったけれど。

吉田神社では、全国の神様を祀ってあるところの売店で店番の巫女さんがぽつーんと手持ち無沙汰そうに1人で座ってたので、ちょっと覗きに行ってみたら、巫女さんではなく、なかなかに可愛いお兄ちゃんだったので思わず御神籤を引いてしまったよ。すでに別のところで毎年引いてる「七転び八起きダルマ籤」を引いてたんだがね。そしたらママンにすかさず
「店番のお兄ちゃんが可愛い子だったから引いたんでしょう」
と図星を射されたよ。

とりあえず
「可愛い女の子でも買っていた」
と言っておいたが信用してくれなかった。本当だってば。ことりちゃん級の子が座ってたら絶対に買ってたって。

「ダルマ籤」なんだが、2,3年前にうちの親父殿が
ななころびやおき
ではなく
しちてんばっとう
と声に出して読み上げやがりまして、巫女さんはその場で盛大に吹くわ、周囲の空気は凍りつくわ、というロクでもないことをやってくださいやがりました。それ以来、私には「しちてんばっとう」籤として刷り込まれております。

ちなみに須田神社ですが、うちの氏神様らしい。初めて知ったし初めて行ったぞ。なんと罰当たりな。そこで引いた御神籤は「稲荷御籤」で、開けてみたらちっちゃいお稲荷さんが包んである紙包みが出てきたよ。透けて見えてるんだが、包みからお出しすべきかそのまま財布の中にでもお入れすべきか。神社で聞いてくりゃ良かったよ。

ちなみに引いた御神籤ですが、引越しに関しては「やっちゃえー!」と「ちょっと待て」の真っ二つに割れております。八百万も神様がいらっしゃるだけに、意見の統一は難しいようです。

そのくせ勉学に関してはどれもこれも「こつこつやれよー」なんだよなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.01.01

新年になったわけだが

あまりの寒さに文字通り寝正月を決め込みましたよ。

08:00くらいに起床して、家族で新年のご挨拶&お節料理食べて10:00くらいに布団の中に退却。初詣に行く気も起きず、気がついたら16:00過ぎでしたよ。

ま、初っ端からだらけまくっておりますが、今年もよろしくお願いいたします。

さて、明日は年賀状買いに行くか…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年12月 | トップページ | 2008年3月 »