« ちょっとした贅沢 | トップページ | 出費が出費を呼びまして »

2007.11.12

無茶言うな

小学校のころ散々お世話になった目医者さんに、眼鏡の処方箋を作ってもらいに行った。

母曰く、「あそこは徹底的にやるよー。あそこの後に他の眼科行くと、それでおしまい?ってなるくらい」と言われてたんだが…。

ホンマに徹底的だったわ。眼鏡の処方箋もしつこくしつこくやる。眼鏡の処方箋だから、コンタクト持ってかなくてもいいや、って思ってたら「コンタクト使った後に使うことが多いでしょうから、入れといたてもろたほうがよかったんですけど」から始まって、近所(バスで5,6分)と言ったら「取りに帰らはる?」で、「眼底検査ってやったことあります?」で、近視の人用のしおりくれてで、「強度近視やから眼鏡で視力矯正の期待はできません」で、「今の眼鏡の度数が強いから疲れてるんと違いますか?もっと弱いのつくらはったほうが」(初めて知ったよそんなこと。でもどっちかっちゅーと私はチャリで外出したり、万が一の時には車を安全に運転できる度数の眼鏡が欲しいんですが…)で、気がついたら明日8時間くらい装着した後にもう一度処方箋作ることになりましたよ。

その後に「ついでにやってもらった」眼底検査でも結果から先生、気になることを見つけたらしく、もっと検査したかった模様。
「お仕事は何してはるん?」
「翻訳とかでパソコンにかじりついてます」
「それはあなたには合うてへん仕事やねぇ。」

せんせー、今日日、近場の物をじっと見つめないで済む仕事はどんだけあると思ってるんですかー。

「あなた、強度近視やから定期的に眼底検査やっといたほうがいいよ。基本的に(以下、なぜ強度近視の人は眼底検査を定期的にしたほうが良いかのわかりやすく詳細な説明)。」

その後、眼底が荒れてることを言われた挙句に看護師さんかインターンさんに「もしかしたら眼ぇもずれてるかもしれへんねぇ」。

せんせー、思いっきり人を不安にさせへんでー!!

まぁ、眼を愛する眼オタってのがわかるから、この先生が入ってらっしゃるときは満員御礼だってのわかるわぁ。診察室が説教大会やしねー。大説教大会にも発展してたりもしてたし(危機感薄い患者と、柔らかい京都弁でつっこみまくってるセンセのやりとり漏れ聞いて、笑いこらえるのが大変だったよ)。あの人数であの丁寧な診察やったらそら病院の中人間だらけになるわ。

ちなみに、事務方も先生の教育がしっかりしているようで、診察の最後で母のカルテが参考資料として出てきて、母が2年ほど眼底検査をすっぽかしていることが先生にばれたというオチがついたよwwwww。

つーわけで明日また行ってきます。コンタクト、作ってから相当な年数たってるから絶対に説教だと母にすでに太鼓判もらってるよ。

|

« ちょっとした贅沢 | トップページ | 出費が出費を呼びまして »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57621/17057306

この記事へのトラックバック一覧です: 無茶言うな:

« ちょっとした贅沢 | トップページ | 出費が出費を呼びまして »