« ○回目の誕生日 | トップページ | 心が狭くなる瞬間 »

2007.07.14

お台場映画行

台風来てるってのに、映画行ってきました。

それもわざわざお台場まで。

オンラインの仲間(参加者全員が今年の夏の陣発売の某アンソロ執筆者だったのは半分偶然)と一緒の鑑賞会だったんですけどね。わざわざ2500円のプレミアムシート、それも幹事さんの素早い予約のおかげで最前列中央で観てきましたよ。観た映画の出来については別のところで語るつもりなんでここでは割愛。

交通費節約のため、どうせ東京でやんなきゃいけなかった用事を同日の朝一につっこんで、お台場へ移動。銀座線で新橋駅に行ってるつもりがなぜか半蔵門線に乗ってたり、ゆりかもめに乗った後のも、気付いたら窓の外に目的地が遠くなっていくのが見えたりしましたが予定より45分ほど早く到着。上海新天地 で食料品等漁ってたら案の定、面白そうな飲料を発見したので購入。こんなの。
Photo

店のレジに持ってったら、「台湾の飲み物一杯買ったわね~」と言われてしまった。これ以外にも葱クッキー買ったのだが、写真取る前に映画の後のだべり会で供出してしまった。美味しかったぞ、葱クッキー。

その後、4980円でリージョンフリーDVDプレーヤーを発見してしまい、現在使用中のリージョンフリー機が不調なこともあり、思わず手が出かけるが、この雨の中これ以上荷物を増やすのかと自重に成功。晴れだったらどうなってたかは神のみぞ知る。

お昼は台場小香港避風塘 周記(ベイフォントンシュウキ) 船上屋台料理」のランチバイキング。1人1050円也。北京ダックと大根餅があったのが嬉しかったねぇ。

その後は映画、でそのまた後にはメンバーの一人が取っていたホテルの部屋に行って、上記のアンソロと一緒に企画されているスタンプラリーの商品の組立作業、BGV付き。部屋に行く前に軽いお菓子を買いに言ったんだが、そこでも興味深い飲み物発見して購入。都会は怖いねぇ。買ったのはこんなん。
Photo_2




飲む前から不味いと判っていても1度くらいは試したくなる「ダイエット」系。Dr.Pepperのダイエットは予想通り激不味でしたよ。

このとき、スタトレ者なら1度は飲めと言われている(らしい)、Root Beerを飲んだことがないスタトレ者が一行内にいることが判明したのでRoot Beerも購入。全員でオフ会の乾杯をしたところ、私以外全員が顔をしかめる結果に。いいじゃん、薬臭くても。そこが魅力のRoot Beer。例えカーデシア人にまで酷評されらしいが(蜥蜴面のくせに生意気な)。

ちなみに、日本人のRoot Beerファンによるサイトもあったりする
Rooter's Cafe
で、そこには色々な人からの評価を集めたページもあるんだが

…ビールなんてモンが飲める連中に、ここまで酷評される言われはないわぁっ!

と叫びたくなるくらいに味・アルコール耐性共に酒類が全くダメ人でありかつRooterとしては悲しい評価連発かよ。あ、そうそう、ダイエット系を愛飲している連中にもRoot Beerの批判はしてもらいたくないなー。

ところで本場米国でのRoot Beer愛好家の中には製造会社限定で愛好というある意味ハードコアな方もいらっさったのー。

ホテルに行く途中にGODIVAを発見して、つい数週間前に飲み損ねた「CHOCOlixir(ショコリキサー)」を購入。ホワイトチョコ好きとしては迷わずホワイト・チョコレート・ラズベリー。美味しかったぞ。

とそれはさておき、作業がひと段落したら夕食に出て、ひとしきりだべりつつ食べたあとは、部屋に戻って「恋人はスナイパー」の1&2の鑑賞会。他にも見ようといってたのがあったんだが、機械の相性が悪かったのか再生しなかった…orz。「恋人はスナイパー」、テレビで放映された劇場版があんまりにも酷い出来だったので、1&2は内村光良がアクションするってことで浮かれてて記憶美化してたんじゃないかと見直しできなかったんだが、見直してみて、やっぱりクオリティ高いことを再認識。よかった、記憶美化じゃなくて。そしてシリーズファイナルであの悲惨な出来にした脚本家に対する怒りが再燃。劇場版がどんなに酷い映画だったかは映画評論サイト破壊屋さんのマッドシネマ:恋人はスナイパー劇場版を読めば良くわかるかと。

流石にそれ以上たまっていると冗談抜きで最終バスを逃すことになるので、2を見終わった時点でお暇する。最終から2本目か3本目のバスに無事乗って気絶するように寝込んだらあっというまに降車停留所に到着。久しぶりに遊び倒した1日だったよ。

 

|

« ○回目の誕生日 | トップページ | 心が狭くなる瞬間 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57621/15768365

この記事へのトラックバック一覧です: お台場映画行:

« ○回目の誕生日 | トップページ | 心が狭くなる瞬間 »