« 休暇ももうすぐ終わりだね | トップページ | 濃厚カレー »

2007.01.06

昼食会

今年は父が還暦、祖父が卆寿、祖母が干支7周目完了と言うすんばらしくおめでたい年なので、色々身内イベントで忙くなりそうだ。2月には祖父祖母へのお祝いのためにもう一度上洛が命令されてるし。(こーゆー時に限って世界舘公演がないんだよなぁ。その代わり松竹で新感線&染が暴れてるんだが。東京で観るつもりだったがこっちにするかなー)

本日はその第一弾として母贔屓のお茶屋改造フレンチレストランで父の還暦祝い昼食会。父母私は和服、祖父母は洋服。店の人は心配だったと思うぞ。一見フレンチが口に合わなさそうな体が半分に曲がりかけてる爺さんとその連れ合いが子供と孫に連れて来られたもんだから。さらにメニュー読んでも全く理解してない顔してたもんな、2人とも。

まぁ、オーダーするとき

母:鶏料理か牛料理、選んでください
祖母:牛だと脂っこいんやろ?
私:こーゆー店は大丈夫や…
祖母:じゃぁ牛
祖父:(我関せず、全て皆様にお任せしますモードで沈黙)

なんてやりとりしてたからすぐに大丈夫だと思っただろうが。実際、卆寿と干支7周目とは到底思えないほどの勢いで皿が綺麗になっていきましたがねー。料理が出る間に居眠りしながらも黙々と皿を綺麗にしつつひっそりがっつり酒類も消費する祖父に、気に入った料理については食べつつ滔々と思うところと述べる祖母。特にプロシュートは気にいったらしく「これはハムなのか?”生”ハムなのにどうやって保存するのか」ということをほぼエンドレスで語り続ける。周囲の席にさぞかしお笑いを提供したかと思います、うちのテーブル。じっちゃん、蕎麦たぐる要領でスパゲッティ箸で食べてるし。(祖母は箸は使ったがすすらんかった)

パンもお代わりが来るたびに一切れとってたからな、祖父&祖母。ぶっちゃけ、肉料理の時点でかなり苦しく、数切れを私と父に回した母より量は食べていた。肉料理なんてあっという間に平らげてたしなー。残したのは祖母が噛み切れなかったえのきのソテーだけ。私が肉料理で頼んだ子羊も少し分けたら祖母はかなり気に入っていた。祖母は気にいったものがあるとそれについて思いのたけを語るのだが、祖父は目の前に供されたものを黙々と消費するのでどれが好みかが読めん。

デザートも、最高6種類(ババロア・ゼリー&フルーツ・ティラミス・パンナコッタ・アップルタルト・バニラアイス・バナナロールケーキ)の盛り合わせができるのだが、私と祖父が6種類盛。祖母と母が3種類(アイス・ババロア・ゼリー&フルーツ)で父が2種類(タルト・バナナロールケーキ)。ただし、父のデザートはなんの手違いか、一度普通に出された後にもう一度、今度は還暦祝いメッセージ付で同じものが出てきた。1回目はうっかりメッセージ付けるの忘れたんだろうなー。祖父は全部食べられないかも、と思ってたらあっという間に皿が空になっていた。あなたの息子は隣の腹一杯と苦しそうなんですが。どういう胃袋なんでしょうか。

まぁ、私的には少し物足りない量だったんだけれど。味は文句無いんだが、1品あたりの量が少なく、料理と料理の間がかなり開くのでその間に腹がこなれてしまうのだよ。

とりあえず、家に戻って4時間後に普通の夕食を摂っていた祖父母が信じられない。うちなんざ両親が飯を食う余力が無いってことでカップ麺3人で2個だぞ。私は自分で作るのが面倒くさいんでそれで妥協したが。


昨日に引き続き着物の着付けの練習。そこそこ手順は覚えた感じだが、問題は手順は覚えても思うように着物が着れてくれないことだね。なんで帯が着た直後に分解を始めるのか説明してくれ。

|

« 休暇ももうすぐ終わりだね | トップページ | 濃厚カレー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57621/13360359

この記事へのトラックバック一覧です: 昼食会:

« 休暇ももうすぐ終わりだね | トップページ | 濃厚カレー »