« 現状・惨状 | トップページ | キュピーン(ニュータイプ) »

2006.10.13

唯一絶対の解釈

職場で、英語の機械操作解説書を作っているのですが。以前に作った日本語版を英語に頭から直していると、これは日本人だから読み取れる暗黙の了解の上に成り立ってるよな、という説明にちょくちょく行き当たるのですよ。

で、それをどう何人が読もうと(マニュアル読む人は、英語と日本語の両方が第1外国語か第2外国語って人が多い)誤読しないようにせんといかんのがうっとーしー。今日はアルミホイルを正方形に切った後、ふちを切って円形にするのをどう説明するか頭痛めたよ。あの端を三角形にすることで正方形を作って、それをまた数回同じ方向に折ってその縁を切るってどんな背景の人間でも知っているやり方なのだろうか。悩みだすと他の説明も大丈夫なのか疑わしくなってくる。

今日は定時ダッシュしたかったんだが、こういう日に限って急ぎの仕事が落ちてくる。最初の段階でフォーマットを詳しく説明してくれてれば今日は残業せずに済んだ人間が2人ほどいたのになー。

|

« 現状・惨状 | トップページ | キュピーン(ニュータイプ) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57621/12260620

この記事へのトラックバック一覧です: 唯一絶対の解釈:

« 現状・惨状 | トップページ | キュピーン(ニュータイプ) »